スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WR250X 吸気系カスタム


超久しぶりのWRネタ。本日のメニューはダイヤフラムとソレノイドの撤去です。えっ、まだやってなかったの?と聞かれそうなWR定番カスタムなんだそうですが…。過去にトリッカーのエアクリーナーを大幅に加工した時に全く吹け上がらなくなるトラブルに見舞われた事があって、それ以来吸気系に手を入れるのが何となく気が進まなかったのです。


左の黒い小さな丸いのがソレノイド、右の銀色の丸いのがダイヤフラム。左サイトカバーを外せばソレノイドを固定しているビスにアクセスできます。


ササっと取り外したお二方、今日までお疲れ様でした。


高回転域に入ると負圧でダイヤフラムが作動し、ドライバーで指してるフタが完全に閉じて、吸気の流入は右隣の小さな開口部からのみになります。主に加速騒音の低減が目的らしいのですが、明らかに吸気抵抗になりますよね…


そのフタを両面テープで全開固定します。


ソレノイドを取り外したカプラーは絶縁テープで防水処理。インジェクションへ向かうホースはソレノイドを固定してあったビスをねじ込み殺しておきます。以上で作業完了、15分程度です。

更に踏み込んだ吸気系カスタムにエアクリーナー上蓋撤去という一歩踏み込んだ段階もあるのですが、溶着部分をカットするなど後戻り出来ない系のようなので二の足を踏んでしまいます…が、よくよく考えてみれば既にメインフレームに穴開けたリセールバリューを捨てたバイクに後戻りなど必要ないなとも思った次第です。今後のメニューとして検討してみます。

ひとまずこれで週末のTractionスラロームエクスペリエンスに持ち込みます。GROMで走り込んで感じた楽しく走れる挙動をWRでも再現すべく平日仕事中にも妄想しているので、ディメンション変更も色々試してみたいですね。
スポンサーサイト

オカルトチューン


東日本moto3でSM250Rを抑えてタイトルを獲ったWR250Xに装着されてて、特に効果的であったとのコメントまで残されておりかなり気になってたプラズマブースター。オカルトチューンに定価35,000円超とか出せんわい、と思ってたのですが。この度性能そのままにコストダウンに成功!?通販で13,000円程度で手に入るとの事で思い切って導入してみましたよ。つーか今までの定価は何だったんだろう…


ダイレクトイグニッションのマイナスハーネスに割り込ませてエンジンアースに落とすだけの簡単装着。本体はフレームにドヤァと貼り付けようかと思ってたけど、スペースの関係でシートレール下に貼り付け。効果が体感できなければその存在すら忘れてしまいそうな取付け位置に収まる。

試走。
エンジン暖めながらのんびり走って信号待ちで先頭へ。シグナルブルーでフル加速…!
何だこのモリモリトルクは!シフトアップの時間が明らかに短縮しとります!この手の電装チューンには懐疑的だったんだけど、これは明らかに体感できますわ。ヤバい。

上機嫌で帰宅。ゆうこさんに喜び勇んで感想を述べると。「凄いプラシーボ効果じゃね!幸せな人ねー、良かったねー、最高じゃん!」いやいやいや本当に凄いんだってば!乗ってもないのにそんな事…


確かにシェンプラスで仕入れたガソリン添加剤をテストしたり久々にエアクリーナーの洗浄したりプラグ清掃したりチェーンメンテした上でのプラズマブースター導入なので、一概に効果があったとは言い切れないかもしれんのだけど…。まぁ、自分が満足してるならいいんだよw
今回のオカルトチューンに先日のハンドルストッパー加工などなど、とにかく今は早くコースで練習したいです!
子どもが産まれた関係でお世話的にも経済的にも練習回数が減りそうなので、今までみたいに漠然と走り込むだけでなく、今後は練習の濃度を高めていかないとねぇ。

2013年始動してました。



ご無沙汰しとりました。
子どもが生まれて忙しくしとりましてブログも放置。WRにも5ヶ月乗ってなかったので大したネタも無かったのですが…。またちょこちょこ更新していくので宜しくお願いします!

WRもシーズンオフの間に少しずつ手をいれたりはしてました。フロントサスの仕様変更、ブレンボラジアルマスター導入などなど…
既に香川のMSGC練習会、地元Traction練習会で走り込んでみました。足は良く動くしブレーキのコントロール幅も広がって感触悪くないです。後は乗り手ですねー…


最近の一番大きなトピックはこれでしょう。禁断の一手!?フレームに穴を開けてタップ立てて、ワッシャー噛ませてハンドル切れ角を自由に調整できるようになりました。施工は毎度お馴染みフラトラ工務店、さすがの仕上がりです。

昨年関東D杯第2戦へ遠征した際に、ウォームアップ中に貼り付けてたハンドルストッパーが脱落するというトラブルに見舞われて…ガツンとハンドルロックする際のトラウマになってたのですが。これで思い切ってロックまで当てる事ができるようになりましたよ!
次回岩国よいとこ二輪練習会で切れ角調整して、キレキレの回転目指しまっせー!

スプロケ交換とバネ下軽量化(微妙

届いてたオーダースプロケットに交換しました。ドライブ12Tを13Tに戻した事によりドリブンが巨大化。前後でチェーンの曲がりが緩やかになりフリクションロス低減に一役買ってくれてるコトでしょう。この機会にチェーンもノンシールに変更、リアタイヤが気持ちいいくらいにクルクルと回り、車体の押し引きも非常に軽くなりました。

で、ドリブン巨大化で純正チェーンカバーに干渉するようになってしまったため、盆栽がてらZETAのヒールガードに変更してみました。ついでに思いつきで大きく重たいチェーンガイドを値段の安さと軽さでK&Tのチェーンガード(デザインイマイチ)に変更、バネ下重量の軽減化を図ってみました。

写真 (2)
ついでにリアのキャリパーガードも取外し。外した部品の総重量は534g。

写真 (5)
取付けた部品の総重量は163gということでわずか371gの軽量化となりました。ZETAのヒールガードが思ってた以上に重かったようだ・・・。買ってしまったものはしょうがないので盆栽化完了。

写真 (6)
こんなことしてるヒマあったら練習しろって話なんですが。諸事情によりお盆休み中の九州MG9とキョウセイオールナイトは共に欠場となりそうです。更なるファイナルショート化が吉と出るか、凶とでるか。本格的にジムカーナコースでのお試しは8月26日のTraction練習会になりそうです。愛媛D杯の1週間前、もう待ったなしの状態ですね・・・。

今回使用した写真はiPhone4Sで撮影したものをリザイズしたものです。なかなかの画質ですねー。

オーダースプロケット

始まりはそう、更なるWRの加速力を求め始めてからでしょうか。サブコン導入やプラズマブースターなどの電脳チューンも検討しましたが、費用対効果に疑問を感じ、ならばスプロケをもう1Tデカくする方が安上がりで確実であると悟りましたw コトのついでにローフリクション化を目指し、どうせチェーンのリンクも足りないからノンシールMXチェーンに新調。今まで使ってたドライブ12Tだとチェーンの曲がりがキツくてロスになってる可能性があるのでから13Tに戻す。ドライブ13Tに合わせて今までのファイナルレシオ+1Tにするにはドリブン53T!こんなデカいのサンスターにもXAMにもラインナップされてないよ!ということで熊本のないちんの紹介で、砂山製作所にワンオフを依頼する事に。

DSC02981.jpg 
注文から約2週間、本日納品されました!53Tでけぇww

DSC02986.jpg 
ロゴ入れ自由という事で、なんとTractionロゴまで入れてもらいました。

DSC02985.jpg 
反対側にはないちんオリジナルデザインのナイチンコウジョウのロゴ!
こりゃステキだねー。組み込みが楽しみなような勿体ないようなw

自分だけのワンオフスプロケットももちろん嬉しいけど、ファイナルレシオ変更による加速感が楽しみですね!
7月のらりっくす練習会は参加できないかもしれないけど、早々に組み込んでみたいな。

あ、7月の連休に開催されるらりっくす練習会の詳細はコチラです
http://teamtraction.jp/?page_id=681
広島空港近くの広島県ウイングパークホテル・スパリゾート駐車場にてお泊り練習会。
人数制限がありますので、申し込みはお早めにどうぞ!

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
2009年WR250Xで二輪ジムカーナに参戦開始。
2015年戦闘機をGROMにスイッチ。
JAGE認定C1級、team Traction所属

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。