スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口きらら練習会


前回GROMで参加した山口きらら練習会、今回はWR250Xで参加です。天気予報は午前中雨、午後からはドライで走れると希望的観測で雨の岩国を出発!

現地に着くと目論見通り雨は止んでましたが路面はウェット。ただでさえスリッピーなきららの路面、しばらくGROMの低車高に慣れていたので腰高なWRで走るのは拷問に近い感じ。少しずつ乾いていく路面、徐々にペースアップしてだんだん楽しくなってきた!

自分にしては珍しく、色々考えながら試しながら変更しながら走り込んでみます。これまでジムカーナ的モタードは前上がり!という風潮に流されセットアップしてきましたが、自分的にはどうにもフロントが高くて接地感が希薄に感じる…ただ単にフロントに荷重するのがヘタなだけなんだろうけど、どうにも違和感。そこで久々にフロントを一気に10mm突き出し、compを全抜きで走ると割とフロントに安心感が出てきた感じ。回転半径を減らすべく少しずつ切れ角を増やしていくと、ある段階でフロントの切れ込みが発生したので1段階切れ角を戻す。フルロック時に左右でクラッチの切れが異なるので苦手な左で回転しやすいように遊びを調節。フルロックでバンクしていくのを億してる感じ。これはGROMに慣れすぎな印象。早く感覚を取り戻して深く寝かせていきたい。
今まで自分は鈍感だから変更してもよく分からんわ!と思ってたけど、しっかり考えながら変更を加えれば何となくだけど体感できてる気がしますな。ジムカーナ6年目だというのに何を今更、という…。

http://youtu.be/NvvNQQZI7YM
そんな感じでセットアップ進めながら8GPの動画を撮ってもらいました。タイムは27秒52と、ノーシードの頃計った29秒8あたりから大幅更新。なんじゃーさんがセットしてくれた8の字ですが、想定以上のタイム出たからパイロン間隔ミスってるんじゃないかと危惧しておる…

この日はおこがましくもカッキーさんやSUGIさんに走りに関するアドバイスをさせて頂きました。アドバイスするって言えば聞こえがいいけど、要は人の走りにダメ出しする行為ですよね…。ダメ出ししながら、今の自分は本当にそれができてるのか?と振り返り確かめる事ができるので、意外と勉強になります。ダメ出しの甲斐あり、カッキーさん自身8GP初の30秒切りを達成したようでこっちも嬉しくなりましたが、まさかなんじゃーさんがセットしたパイロン間隔にミs(ry

そそ、先日加工したWRの吸気系カスタム。いっそ分かりませんwww というのもついこないだまでGROMばかり乗ってたので、吸気系イジったWRにいきなり乗ったところで変更加えてようが加えてなかろうが速えぇぇぇぇぇになるのは当たり前の現象でして…今は反省している。
スポンサーサイト

WR250X 吸気系カスタム


超久しぶりのWRネタ。本日のメニューはダイヤフラムとソレノイドの撤去です。えっ、まだやってなかったの?と聞かれそうなWR定番カスタムなんだそうですが…。過去にトリッカーのエアクリーナーを大幅に加工した時に全く吹け上がらなくなるトラブルに見舞われた事があって、それ以来吸気系に手を入れるのが何となく気が進まなかったのです。


左の黒い小さな丸いのがソレノイド、右の銀色の丸いのがダイヤフラム。左サイトカバーを外せばソレノイドを固定しているビスにアクセスできます。


ササっと取り外したお二方、今日までお疲れ様でした。


高回転域に入ると負圧でダイヤフラムが作動し、ドライバーで指してるフタが完全に閉じて、吸気の流入は右隣の小さな開口部からのみになります。主に加速騒音の低減が目的らしいのですが、明らかに吸気抵抗になりますよね…


そのフタを両面テープで全開固定します。


ソレノイドを取り外したカプラーは絶縁テープで防水処理。インジェクションへ向かうホースはソレノイドを固定してあったビスをねじ込み殺しておきます。以上で作業完了、15分程度です。

更に踏み込んだ吸気系カスタムにエアクリーナー上蓋撤去という一歩踏み込んだ段階もあるのですが、溶着部分をカットするなど後戻り出来ない系のようなので二の足を踏んでしまいます…が、よくよく考えてみれば既にメインフレームに穴開けたリセールバリューを捨てたバイクに後戻りなど必要ないなとも思った次第です。今後のメニューとして検討してみます。

ひとまずこれで週末のTractionスラロームエクスペリエンスに持ち込みます。GROMで走り込んで感じた楽しく走れる挙動をWRでも再現すべく平日仕事中にも妄想しているので、ディメンション変更も色々試してみたいですね。

GROM フェンダーレスキット

TwitterのGROM繋がり、ぐろむったーさんからお下がりのフェンダーレスキットを譲って頂きました。しばらくノーマルフェンダーのままでいるつもりでしたが、ダウンマフラーにしてからやはりスッキリさせたいなと思ってたとこでいいタイミングでお話を頂きました。純正ウィンカー、純正ナンバー灯流用タイプでお財布にも優しいですね。


ジムカーナ車両としての開発を一時中断中のGROM、ガレージにおけるポジショニングも一旦奥へ追いやられております。リア廻りがかなりスッキリしましたが、純正ウィンカーがドーンと張り出してるのと、ウィンカー内側の固定ボルトが丸見えの構造なのでここはおいおい何とか改良したいところ。


GROMは顔がデカいのでリアフェンダーレスにするとスタイルバランスが崩れがちですが、そのうちツーリング用にキャリアとボックスを考えてるのでまぁチャラで。


純正マフラーならともかく、ダウンマフラーにはフェンダーレスが似合うと思います。スッキリリアビューはとても気に入りました。ぐろむったーさん、ありがとうございました!

ラチェットハンドルのオーバーホール


永年使ってきたお気に入りのKTCラチェットハンドルの切替ノブが折れてしまいました…。落胆してTwitterで呟いたところ、関東のモトジムカーナチームRISEのさくちゃんが知り合いの工具専門店を紹介してくれました。
が、せっかく紹介して貰ったのにその当時はGROMに色々お小遣いつぎ込んでて余裕が無かったので、1ヶ月経った今月やっと作業をお願いするに至りましたw

工具専門店ABIT
http://www.abit-tools.com/wp/?page_id=2

オーバーホールキット代金と返送料のみで作業して頂けるとの事で日曜日午後に早速発送。本日水曜日、もう返ってきました!


いやーお帰りなさい!1ヶ月間は予備のラチェット使ってたんだけどなんとなくしっくり来なくて…やっぱり手に馴染んだこいつが一番です。これでまた整備が捗るな!今後も大事に使い続けたいもんですね。

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
2009年WR250Xで二輪ジムカーナに参戦開始。
2015年戦闘機をGROMにスイッチ。
JAGE認定C1級、team Traction所属

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。